トピックス

2018年11月1日(木)「ペコロスの母に会いに行く」舞台公演のご案内

→九州賢人会議所トピックス一覧へ戻る

2018年9月21日 更新

舞台公演「ペコロスの母に会いに行く」

この度、AIEが主催で(一社)九州賢人会議所と(公社)福岡県高齢者能力活用センターが共催して「ペコロスの母に会いに行く」の舞台公演を開催いたします。
西日本新聞の4コマ漫画が発端となりドラマ化、映画化の後、ロングランで舞台公演が日本全国で開催されている厚生労働省の推薦作品です。

認知症の介護体験記の「ペコロスの母に会いに行く」
見る全ての方々に、長寿社会を共に生きやすくする、“心のヒント”がつかめる作品としてお勧めです。
皆さん是非会場に足を運んでください。

2016年、2017年 厚生労働省推薦作品
こちらの作品は、厚生労働省推薦作品として、高齢社会にとって意義のある作品であり、広く理解を求めたいとの願いが込められています。

詳細はこちらのPDFをご確認ください。

PDFPDFダウンロード

概要

日時平成30年11月1日(木)1日1回公演
13時開場、14時開演、17時閉演
会場ももちパレス(福岡県立ももち文化センター)
(福岡市早良区百道2丁目3-15 TEL:092-851-4511)
福岡市営地下鉄 藤崎駅2番出口徒歩約1分
西鉄バス藤崎ターミナル 徒歩約1分
参加費チケット:全席指定席6,000円
◆チケット購入方法
 プレイガイド
  ・チケットぴあ / セブンイレブン
   TEL:0570-02-9999 (Pコード:489-031)
  ・ローソンチケット / ローソン
   TEL:0570-084-008 (Lコード:83794)
その他◆作品内容
 「ペコロスの母に会いに行く」は、認知症の母・みつえさんを介護する息子・ゆういち(作者・岡野さん)のいとおしくて、切ない毎日を綴った作品。父が亡くなった頃から記憶を少しずつ失い、過去と現実がごちゃごちゃになっていく母の姿をユーモラスに、愛情いっぱいに描いた作品です。ちなみにペコロスとは小さな玉ねぎと言う意味で岡野さんの愛称です。  
同作は西日本新聞に掲載され、第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞、2013年にドラマ化、映画化された。(長崎が舞台となった作品。)

◆問い合わせ先
一般社団法人地域企業連合会九州連携機構
TEL:092-451-8610 FAX:092-451-8612
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-9-28 会議所ビル1階