トピックス

九州賢人会議所ロゴタイプ・シンボルマークデザイン募集コンテスト結果発表

→九州賢人会議所トピックス一覧へ戻る

2015年6月29日 更新

シンボルマーク

九州賢人会議所ロゴ(英語)

英語

九州賢人会議所ロゴ(日本語)

日本語

1.九州賢人会議所のシンボルカラー「緑」を基調とした。
2.その形が「賢」の字を想起し、7県を意味する面構成の多面体が
  九州の型に結晶凝縮され、会議所により錬金研磨され光沢を放つ
  「賢者の石」をイメージしたもの。

ロゴタイプ

九州賢人会議所ロゴタイプ(英語)

英語

九州賢人会議所ロゴタイプ(日本語)

日本語

入選作

○最優秀賞  永田 康二 様
○優秀賞   小池 友基 様 
○佳作    立志 哲洋 様  梅村 元彦 様  大澤 康史 様

選考を終えて

募集期間が短い中、多数のご応募を頂き、誠に有難うございました。
いずれも素晴らしい作品で選考は難航を極めましたが、最優秀賞は九州賢人会議所の趣旨と今後の発展を図る上で、「7県を意味するところの7面構成の多面体が九州型に結晶凝縮され、会議所により錬金研磨され、光沢を放とうとする賢者の石をイメージした」という永田氏の作品に決定しました。
審査委員会は永田氏の作品が九州の地形のデザインの美しさやその形が「賢」の字の形を想起させることなども高く評価しました。

ロゴタイプ・シンボルマークデザイン審査委員会